スキンケア

化粧水は男にこそ必要!市販メンズ化粧水の効果やおすすめの選び方、正しい使い方を解説!

メンズ化粧水の正しい使い方

「最近肌がカサついている」
「髭剃り後はヒリついてしまう」
「何度洗っても顔がテカる…」
こんな悩みは、全て化粧水で解決できるかもしれません。

男性もスキンケアが当たり前になってきた昨今ですが、まだ使っていない・使い方がよくわからないという方もいらっしゃるはず。
髭を剃ったり、顔を洗ったりする機会が多いメンズこそ、実は化粧水をしっかり使うべきなんです。

そこでこのページでは、男性の化粧水の使い方・選び方を詳しく解説。
「化粧水って使わなきゃダメなの?」という疑問にも答えています。

正しく化粧水を使って、肌トラブルのないキレイな素肌を手に入れましょう。

【この記事でわかること】

  • 皮脂量が多い・髭を剃るメンズの肌こそ、化粧水で整えるのが欠かせない!
  • 化粧水を選ぶポイントは「肌質」と「肌トラブル回避」
  • 化粧水はケチらずたっぷりと使うのが正しい使い方

男は化粧水がいらない?メンズだからこそ必要!

ダメージを受ける肌荒れしやすい男性こそ化粧水が必須

化粧水をつけない人もいますが、男性の肌にこそ化粧水は必須です。

たしかに男性はホルモンの関係で、顔の皮脂量が多くなる傾向。
一見保湿ケアは不必要に思えますが、保湿しないと肌荒れしやすくなります。

特に顔がテカりやすいという方は、実は肌の水分が足りていないことがほとんど。
乾燥を補うために皮脂を過剰に出して、脂性肌を悪化させている可能性が高いです。
皮脂が出過ぎるとニキビになりやすく、肌がデコボコしかねません。

また、男性は毎日の髭剃りで肌にダメージを受けています。
傷付いた肌からは水分が蒸発しやすく、乾燥肌になりがちです。

化粧水の大きな役割は、皮膚の水分補給
角質をやわらかくして肌をうるおすことで、肌荒れを抑えてくれます。

肌を整えて清潔感を保つには、化粧水での保湿ケアが欠かせませんよ。

メンズ化粧水を選ぶポイント2つ

保湿ケアが欠かせないとはいえ、闇雲に化粧水を使えば良いわけではありません。

以下のポイントを抑えて、自分の肌事情にあった化粧水を選びましょう。

  • 自分の肌質に合った保湿成分・テクスチャーを選ぶ
  • 肌トラブルを予防できる配合成分を選ぶ

肌質に合わせて保湿成分・テクスチャーを選ぶ

肌質に合わせて化粧水を選ぶ

メンズ化粧水は、自分の質に合わせて選ぶのが大切。

肌質は大きく分けて、「脂性肌・乾燥肌・混合肌」の3タイプに分けられます。
それぞれの肌質にあった保湿成分を選ぶと、整いやすいですよ。

肌タイプ特徴おすすめの化粧水の成分
オイリー肌(脂性肌)肌の油分が足りているが、水分が不足しがち。
男性の肌に多く、ニキビができやすい。
  • ヒアルロン酸
    肌表面に保護膜を作って、皮膚の水分蒸発を防いでくれる。
  • コラーゲン
    肌の角質層に水分を与えて、皮膚をやわらかくしたり、ハリ・弾力を与える。
  • プラセンタ
    コラーゲン・ヒアルロン酸など、肌を構成する成分を生成する細胞を増やしてくれる。
乾燥肌肌の油分と水分が不足しがち。
角質のバリア機能が低下しているため、かさつきや外部刺激に弱い。
  • セラミド
    皮膚細胞のスキマを埋めて蒸散を予防したり、外部刺激から肌を守る。
  • グリセリン
    肌に水分を送り、乾燥した角質に水分を浸透させる。
  • スクワラン
    表皮にフタを作り、肌内部の水分蒸散を防いでくれる。
混合肌額、鼻の油分は多いが、頬や目元の油分が少ない。
肌の油分と水分のバランスが崩れている状態。
  • ビタミンC誘導体
    肌の皮脂バランスを整え、毛穴の広がりを改善し、皮脂詰まり予防になる。
  • ビタミンC
    ビタミンC誘導体と同様に、皮脂の分泌をコントロールしてバランスを整える。
  • 収れん化粧水
    毛穴を引き締めて皮脂量を減少させる。

また化粧水選びには、肌に合ったテクスチャー(触り心地やつけ心地)も重要です。

「化粧水を塗ったあとのベタツキ(とろみ)が気になる」
「さらっとしてて化粧水を使った気がしない」
など、テクスチャーによってはしっくりこない場合も…。

効果を最大限に感じるには、毎日化粧水をつけるのが大前提。
使い続けても違和感がない化粧水を選ぶのも継続のカギですよ。

脂性肌はオールインワン化粧品に注意

特に脂性肌の方は、オールインワン化粧品を慎重に使うようにしてください。

オールインワン化粧品とは、「化粧水・乳液・保湿クリーム・美容液」等が一体になった化粧品のこと。
基本的に保湿効果が高いものが多いので、脂性肌にはしっとりしすぎてかえって肌がテカってしまうことも…。

1つでスキンケアがまとめてできるので便利ですが、さっぱりしたテクスチャーのものを選ぶなど工夫してください。

ニキビ、肌荒れを予防する配合成分を選ぶ

ニキビ・アレルギー防止には肌荒れ予防できる成分配合の化粧水を選ぶ

ニキビや肌荒れを防止したいなら、肌トラブルを防止できる化粧水を選ぶのがベター。

【ニキビ肌】

  • ノンコメドジェニックタイプ
  • 抗炎症成分
    (グリチルリチン酸2K、サリチル酸など)
  • 高保水成分
    (アミノ酸、ヒアルロン酸など)
  • 皮脂を抑える成分
    (ビタミンC誘導体など)

 

【敏感肌・髭剃りの後の肌荒れ】

  • 添加物フリー
    (香料・着色料・エタノール・メントールが入っていないもの)
  • 高保湿成分
    (セラミド、コラーゲン、グリセリンなど)

たとえば、ニキビ予防に効果的な化粧水の成分はビタミンC誘導体
ニキビの予防だけでなく、ニキビ跡を作らせない(色素沈着を防ぐ)効果が期待できますよ。

また、「髭剃りのあとに化粧水を使うとヒリヒリする…」という男性も多いはず。
肌表面が傷ついている状態なので、刺激の強い成分に反応しやすいんですね。

エタノールなどの刺激を避け、高保湿成分でしっかり肌を整えることが重要ですよ。

(関連:【男のニキビの原因&速攻で治す方法】繰り返す大人ニキビを予防して美肌になろう

メンズ化粧品の正しい使い方をチェック!

洗顔後の肌にたっぷりと化粧水を使うのがポイント
化粧水の正しい使い方
  1. 化粧水を”500円玉の大きさ”になるぐらい出す
  2. 手のひらで温めて浸透率を上げる
  3. 頬やアゴなど乾燥しやすい部分からなじませる
  4. 頬やおでこなど、顔全体をハンドプレスする
    (※ハンドプレス…適度な圧力をかけて肌になじませること)

メンズの場合、肌が硬く化粧水が浸透しにくいので、たっぷり使うことが鉄則です。

また、より肌になじみやすくするため、手の温度で化粧水を温めるのもポイント。
冷たいままの状態よりも肌なじみが良くなりますよ。

化粧水を塗る箇所は、乾燥しやすい部位から順番に。
髪の生え際やフェイスラインなど、塗り忘れがちな箇所も指先でまんべんなく広げましょう。

化粧水を塗った後は、肌に密着させるように手のひらでハンドプレス。
手の温度で化粧水が温まり、さらに浸透しやすくなります。

擦り塗りや叩き塗りはNG!

化粧水を塗るとき、乾燥しやすい部位といって強く擦る塗り方は控えましょう。
過度な摩擦は肌への刺激となり、肌トラブルのもとになります。

特にメンズがやりがちなパンパンと叩きながら塗る「叩き塗り」はNG。
叩き塗りも擦り塗りと同様に、肌への刺激となってしまいかねません。

手のひらで肌を抑えるようにしながら、じっくり塗り広げるのがコツですよ。

高級じゃなくてOK!市販でも使い続けることが重要

高級・安価に関わらず、同じ化粧水を継続して使うのが重要

化粧水は高い安いにかかわらず、同じアイテムを使い続けることが重要です。

もちろん高いスキンケアアイテムは、良い成分が含まれることも期待できます。
ただ高い化粧品をケチケチしながら使うよりは、安い市販品をたっぷり使い続ける方が効果的なんですね。

先述のとおり、化粧水は肌質に合うものを使うのがベスト。
値段に惑わされず、無理なく使用できる価格の化粧水を選びましょう。

「男に化粧水はいらない」という意見がありますが、メンズだからこそ化粧水は必須

肌の水分不足だったり、毎日髭剃りをしたりと、男性の肌はダメージを受けがちです。
だからこそ、しっかり肌を保湿しなくてはいけません。

その第1段階として、化粧水を使うことから始めましょう。
肌を保湿することでテカリを抑えたり、肌荒れを予防する効果があります。

化粧水を選ぶ際には下記に注目してみてください。

  • 自分の肌質に合った化粧水を選ぶ
    →脂性肌・乾燥肌・混合肌に合った保湿成分に注目
  • 肌トラブルを予防できる化粧水を選ぶ
    →ニキビ予防・髭剃り後のヒリヒリ対策など、目的に合わせて配合成分をチェック

決して高い化粧品を選ぶ必要はありません。
自分に合った化粧水をたっぷり使い続けることが、美肌を手に入れるカギですよ。

メンズのスキンケアは3ステップ
【初心者向け】メンズスキンケアの基礎知識!理想の男肌へ導く化粧品の使い方単刀直入に伝えよう。 メンズにとって日々のスキンケアは欠かせないほど重要なものだ。 シェービングや日焼けによって、メンズの肌はダ...
男の肌荒れの原因とは?バリア機能を修復しよう
男の肌荒れの原因とは?ニキビ・カサつきはスキンケア・食事・睡眠で治せる!思春期にニキビで悩んだり、社会人になってから湿疹を繰り返したりと、肌荒れに悩む男性も少なくないだろう。 たしかに、男性の清潔感は"肌で...

スポンサーリンク

ABOUT ME
馬場宏美
馬場宏美
1988年山梨生まれ。今の目標は年を取っても「素敵な歳の重ねかた」と言われること。 学生の頃から”ワイルドな男がかっこいい”と思って生きてきたが、自分のワイルドさは世間一般では”ガサツ”に分類することを知る。 「本当にワイルドな男は肌の手入れや身だしなみを怠らない」と気付き、メンズスキンケアやメンズビューティーについて猛勉強。 メンズ美容ブログ(閉鎖中)経由でスカウトされ、RegNoteライターとして活動中。