スキンケア

【初心者向け】メンズスキンケアの基礎知識!理想の男肌を導く化粧品の使い方

メンズのスキンケアは3ステップ

単刀直入に伝えよう。
メンズにとって日々のスキンケアは欠かせないほど重要なものだ。

シェービングや日焼けによって、メンズの肌はダメージを受けがち。
毎日適切なスキンケアを続けて、肌を守っていかなければいけない。

だが「自分に合ったケアアイテムがわからない」「そもそもスキンケアについて詳しく知らない」という方も多いだろう。

そこで本記事では、スキンケアの基礎知識や正しい手順について解説していく。

【この記事でわかること】

  • メンズスキンケアの基礎知識は3つ「洗顔・化粧水・保湿剤」
  • スキンケアの使い方を徹底解説!初心者でもわかりやすい
  • スキンケア以外に肌を整える方法!食事や休息も大事

メンズスキンケアの基礎知識

メンズのスキンケアは洗顔、化粧水、乳液の3ステップが基本となる。

  • 洗顔:皮脂や角質など、顔の汚れを落とす
  • 化粧水:肌の水分を補給し、うるおいを与える
  • 保湿剤(乳液/保湿クリーム):肌の水分が蒸散しないように保護する

上記の3ステップを正しく行うことで、肌トラブルや肌の劣化、老化を防げるのだ。
まずはそれぞれの役割や目的をしっかり学んでいこう。

①洗顔の役割

洗顔は顔表面の汚れや毛穴の汚れを落とす

洗顔は、顔の表面や毛穴の汚れを取り除くのが主な役割。

  • 汗や皮脂
  • 古い角質
  • 空気中のホコリや排気ガスなどの汚れ など

上記のように、生活するだけで顔には目に見えない汚れが溜まっている。
洗顔をおろそかにすると、雑菌が繁殖し肌トラブルを招く恐れがあるのだ。

たとえば皮脂は空気に触れると酸化し、毛穴の中で黒くなってしまう。
ブツブツしたいちご鼻や毛穴開きにつながりかねない。

さらに洗顔不足で古い角質がたまると、「食事や睡眠をしっかりとってるのに顔色がくすむ」といったトラブルを引き起こしてしまうのだ。

また肌に汚れが溜まった状態では、あとで使う化粧水や乳液が肌内部まで浸透しにくいといったデメリットも…。

つまり、洗顔はスキンケアの第一歩に欠かせない工程なのだ。

②化粧水の役割

肌の水分補給をし、保湿する

化粧水は、主に肌へ水分を補給して保湿する役割がある。

  • 肌の水分補給(保湿)
  • 乳液や保湿クリームの浸透を助ける

洗顔後の顔面は汚れとともに必要な水分や皮脂が洗い流され、肌が乾燥しやすい状態。

そのまま放置すると、カサつき粉吹き(※)の原因になる。
※肌表面の水分がなくなり、白く粉っぽい角質が剥がれ落ちている状態のこと。
角質が硬くなってしまい、乳液や保湿クリームの浸透が悪くなるというデメリットもある。

また肌の乾燥は皮脂の過剰分泌を促すため、ニキビができやすい。
特にニキビ肌の人は皮脂が多い”オイリー肌”のイメージが強いが、実は乾燥が原因になっていることも多いのだ。

化粧水はうるおいを与えて、肌をやわらかくするのに欠かせない存在。
乾燥による肌トラブルを防ぐだけでなく、乳液や保湿クリームの効果を増大させる。

洗顔後は肌の乾燥を防ぐためにも、なるべく早めに化粧水を使おう。

ニキビができる原因は生活習慣の乱れ
【男のニキビの原因&速攻で治す方法】繰り返す大人ニキビを予防して美肌になろうニキビに悩むのは、実は思春期の中高生だけではない。 男性の中には、大人ニキビに悩まされている方も多いだろう。 特に大人ニキビは体質だ...

③保湿剤の役割

化粧水で浸透させた水分を閉じ込める

保湿剤はその名の通り、油分と保湿成分で肌をしっとりさせる役割がある。

肌内部に存在する水分・化粧水で補給した成分が蒸散しないようにフタをするのだ。

  • 肌の水分や美容成分が失われるのを防ぐ
  • 洗顔で失われた皮脂を補充する
  • 肌に美容成分などの栄養を与える

実は化粧水だけでは、肌の乾燥を防ぐことができない。
保湿剤を使って肌の水分が蒸散しないように閉じ込めるのが必須だ。

さらに保湿剤には”油分”が含まれており、洗顔で流しすぎた皮脂を補う効果もある。

また硬くなった角質を柔らかくする効果もあり、肌のザラつきごわつきを予防もできるのだ。

スキンケアの仕上げとして、最後にしっかり保湿剤を使うのも欠かせない。

スキンケアアイテムの使い方と手順

スキンケアアイテムは正しい使い方を知らなければ効果を発揮しきれない。
どんなに質のいいアイテムを使っても、手順が間違っていると台無しだ。

ここからは洗顔・化粧水・保湿剤の三段階に分けて、使うポイントを解説していく。

洗顔料は”きめ細かな泡”が命!

洗顔料はしっかり泡立ててから使う
洗顔の正しい手順
  1. 手をキレイに洗って清潔な状態にする
  2. ”30~32度のぬるま湯”で軽く顔を洗い流す
  3. 洗顔料を”テニスボール1個分”になるまで泡立てる
  4. 皮脂量の多い箇所(おでこや鼻)から泡をのせる
  5. ”泡を転がす”ように全体に広げながら洗う
  6. ぬるま湯で”泡を溶かす”ように洗い流す
  7. ”20~30回”を目安にすすぐ
  8. 清潔なタオルでやさしく水分を拭き取る

洗顔で重要なポイントは、洗顔料をしっかり泡立てること。

泡立ての目安はテニスボール1個分がのぞましい。
きめ細かな泡が毛穴や角質のすき間に入り、汚れを取り除いてくれる。

逆に泡が少ないと手でゴシゴシ擦って、必要な皮脂まで落としかねないので要注意。

また洗いすぎは肌に必要なうるおいをなくすので、洗顔は朝晩の2回までに止めよう。

他にも、下記のような肌に刺激を与えてしまう行為はNG。

  • シャワーを直接顔に当てる
  • 洗顔時、すすぐ時に顔をゴシゴシと擦る
  • タオルで強くゴシゴシ拭く

ワイルドな男洗いは、肌への負担も大きくなるので今すぐやめるべきだ。
顔に触れるときは、”常にやさしく触る”を心がけよう。

化粧水は”たっぷりと贅沢”に使う

化粧水はケチらずに”たっぷり使う”
化粧水の正しい使い方
  1. 化粧水を”500円玉の大きさ”になるぐらい出す
  2. 手のひらで温めて浸透率を上げる
  3. ”内側から外側に向けて”顔全体になじませる
  4. おでこ、鼻、頬のあたりをハンドプレスする
    (※ハンドプレス…適度な圧力をかけて肌になじませること)

化粧水は、肌に浸透するまでたっぷり使うのが鉄則。

化粧水をケチってしまうと肌に水分が補給されなかったり、後の乳液が浸透しにくくなる。

また、化粧水は洗顔後5分以内に塗るのがベスト。
時間を置きすぎると肌の乾燥が進んだり、ホコリやちりなど汚れがついてしまう。

つっぱり感・ベタつきがなくなってひんやりしたら、化粧水が肌に浸透したサインだ。

”締め”の保湿剤で肌に水分を閉じ込める

保湿剤でしっかり保湿する
乳液の正しい使い方

※今回は乳液を例にとって解説。

  1. 乳液を”1円玉(もしくは10円玉)の大きさ”になるぐらい出す
  2. 指を使って、先に”目元や口元”に乳液をつける
  3. 手のひらで頬に乳液をつける
  4. 顔の中心から外側に向かって”大きく円を描く”ように伸ばす
  5. 手のひらを使って”包み込む”ようにハンドプレスする
  6. 皮脂量の多いおでこや鼻に乳液をつける

乳液の使用量は「ベタつかず、適度にうるおいを感じるぐらい」がベスト。
はじめのうちは、1円玉~10円玉ぐらいの大きさを目安にするといいだろう。
ただし適量には個人差があるため、慣れてきたら肌質に合わせて増減させるのがベターだ。

また目元や口元は皮膚が薄く、乾燥しやすいので先につけておこう。
逆に皮脂量の多いおでこや鼻は、最後に塗ることでテカリを抑えられる。

もし乳液をつけ過ぎて顔がベタつく場合は、ティッシュで軽く拭き取ろう。
必要に応じて重ね塗りすると、調整しやすいはずだ。

ちなみに、乳液は手で塗るのがオススメ。
体温で温められて肌に浸透しやすくなる。

メンズのスキンケアアイテムを選ぶコツ

スキンケアアイテムは、闇雲に選んで良いわけではない。
スキンケアアイテムを選ぶとき、下記を意識してみよう。

  • 「乾燥肌」「脂性肌(オイリー肌)」「敏感肌」で成分やタイプを使い分ける
  • 継続して使い続けられる価格のアイテムを選ぶ

自分の肌質に合わせて刺激の強さ・保湿成分を選ぶ

自分の肌質に合ったスキンケアアイテムを選ぼう

スキンケアアイテムは、自分の肌質に合っていることが大前提。

肌質に合わせて、どんなアイテムが最適かチェックしておこう。

乾燥肌脂性肌
(オイリー肌)
敏感肌
洗顔・クリームタイプ
・泡タイプ
・固形タイプ
・リキッドタイプ
・パウダータイプ
化粧水・高保湿化粧水・ニキビ用化粧水
・収れん化粧水
・低刺激化粧水
保湿剤・クリームタイプ・ジェルタイプ・乳液/オイル

※タップ・クリックでスクロールします。

乾燥肌おすすめのスキンケアアイテム

乾燥肌は、保湿重視のスキンケアアイテムがおすすめ。

洗顔料のタイプは、低刺激のクリームタイプ・泡タイプがベターだ。

化粧水はグリセリンコラーゲンヒアルロン酸ビタミンC誘導体などが配合された保湿成分の高いものを選ぼう。

保湿剤はクリームタイプがおすすめ。
肌の表面に膜を作って、水分や美容成分が蒸発するのを防いでくれる。
塗った後に多少ベタつくことはあるが、油膜で肌表面を守っている証拠だ。

【男の乾燥肌を治すメンズスキンケア】乾燥肌の原因や化粧水・洗顔の選び方、予防対策まとめ
【男の乾燥肌を治すメンズスキンケア】乾燥肌の原因や化粧水・洗顔の選び方、予防対策まとめ冬だけでなく、季節関わらず起こる「乾燥肌」。 放っておくと痒みが赤みが出るのもやっかいですよね。 「なんだか肌がカサつく、ゴワゴ...

脂性肌おすすめのスキンケアアイテム

脂性肌は、洗浄/抗炎症重視のスキンケアアイテムがおすすめ。

固形タイプはアルカリ性が強く、洗浄力がある。
泡立てネットを使ってきめ細かな泡を作れば、固形タイプの洗浄力はバツグン。
泡立てがめんどうなら、リキッドタイプを選ぶといいだろう。

化粧水は、収れん化粧水を使うのがベター。
ニキビ予防・テカリ予防・毛穴の引き締め効果があり、皮脂の分泌量を調整してくれる。

特にニキビ肌に悩んでいる方は、ニキビ用化粧水もオススメだ。
サリチル酸やグリチルリチン酸ニカリウムなどの殺菌・抗炎症作用で、ニキビを予防できる。

保湿剤は、ジェルタイプで浸透率を高めよう。
ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分もしっかり肌に浸透させられる。

塗った後の肌表面がサッパリしているのも、脂性肌向けと言えるだろう。

脂性肌向けの化粧水は肌への刺激が強いので、使用する前には必ずパッチテストをしてから使おう。

悩める脂性肌の男性に捧ぐ!顔・鼻のテカリ改善でオイリー肌メンズを脱却する方法
悩める脂性肌の男性に捧ぐ!顔・鼻のテカリ改善でオイリー肌メンズを脱却する方法みなさんは肌のテカリで悩んだことはありますか? 特に20代~40代くらいまでの男性は、顔のベタつきに悩んでいる方も多いはず。 実...

敏感肌おすすめのスキンケアアイテム

敏感肌は、低刺激重視のスキンケアアイテムがおすすめ。

1番刺激が弱い洗顔料を選びたいなら、パウダータイプ
石鹸を粉末状にしたもので、防腐剤など配合されていないので肌荒れしにくいのが特徴だ。

敏感肌のメンズは、”保湿効果が高く刺激の少ない化粧水”を選ぼう。

保湿成分の高いセラミドアミノ酸が含まれているものがオススメ。
逆にアルコール系香料美白成分(ビタミンC誘導体)が入っているのはNGだ。

保湿剤も化粧水と同じように、肌に刺激を与える成分はなるべく避けておきたい。
使用前には下記の項目が記載がされているかチェックしておこう。

  • パッチテスト済み
  • アレルギーテスト済み
  • スティンギング(皮膚刺激感)テスト済み

定期的に使い続けられる価格

継続して使える価格なのかも重要

スキンケアアイテムを選ぶときは、継続して使える価格かも要チェック。

美容成分の効果を実感するには、3ヶ月ほど使い続ける必要がある。
自分の肌に合っているかを確かめるためにも、同じアイテムの継続使用が大前提だ。

たとえばメンズ用の化粧水は、500円~4,000円など価格にバラつきがある。
必ずしも高い商品が満足するスキンケアアイテムとは限らない。

もちろん質の高い成分が含まれていたりもするが、ブランド名広告費によって価格が高いことも。
高いスキンケアアイテムだからと、万人ウケをするわけではないのだ。

値段に惑わされず、経済的に負担にならない範囲でアイテムを選ぼう。

スキンケア以外の肌にキレイにする方法

肌をキレイにする方法は、スキンケアアイテムだけではない。
カラダの内側からのインナーケアにも気を使ってみてほしい。

ここからは、食事と生活習慣から美肌を保つコツを解説していく。

食事でできるスキンケア

食事でも内側からスキンケアできる

健康的でキレイな肌は、バランスの良い食事から作ることができる。

栄養素効果食材
ビタミンA・肌の生まれ変わりを促進
・乾燥肌の改善にも役立つ
ほうれん草、かぼちゃ、にんじん、しそ、レバー、うなぎ、乳製品など
ビタミンC・メラニン色素の生成を抑える
(シミや黒ずみを抑える)
トマト、パセリ、ピーマン、ほうれん草、小松菜、大根、パプリカ、カリフラワー、ブロッコリー、キウイフルーツ、海苔など
ビタミンE・老化の原因となる過酸化脂質をできにくくする
・女性ホルモンの分泌を促し、新陳代謝を高める
アボカド、キウイフルーツ、緑黄色野菜、ウナギ、アジ、タラコ、豆腐、納豆、ごま、アーモンド、落花生、植物油など
タンパク質・身体の細胞を作る大豆製品、赤身(牛や豚など)の肉、鶏むね肉、鶏ささみ肉、アジ、イワシ、卵など
コラーゲン・肌の弾力や張りを維持する
・シミや肌のたるみを防ぐ
牛筋、鶏手羽先、鶏の皮、豚骨、軟骨、ウナギ、エビ、サバ、アナゴ、サンマ、鮭など

日頃の食事から意識して、体の内側からスキンケアをしよう。

逆にカフェインやアルコール、脂分の多い食べ物は内臓に負担をかける。
肌トラブルを招く原因になるので、摂り過ぎには注意しておこう。

また喫煙や過度の飲酒も肌に必要な水分や栄養素を奪ってしまうので、できる限り控えておきたい。

生活習慣を見直してみる

適度な運動や十分な睡眠も効果的

スキンケア以外で肌をキレイにするには、生活習慣を見直そう

軽度の有酸素運動を習慣づける

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をすると、血液の循環が良くなる。
体の隅々まで必要な栄養や酸素が行き渡り、肌の調子を整えてくれるのだ。

さらに適度な運動は”ストレス発散”や”寝つきが良くなる”といった効果も期待できる。

「ひと駅分歩く」「15分~30分の散歩をする」など身近なところから取り入れよう。

質の良い睡眠をしっかり摂る

美肌を作るには、良質な睡眠をとることも欠かせない。

実は睡眠時間の長さよりも、睡眠の質の高さがポイント。
夜の睡眠中に分泌される成長ホルモンは、肌のメンテナンスに欠かせない。
そのほとんどが、入眠後3時間のノンレム睡眠(深い睡眠)時に分泌されるのだ。

深くグッスリ眠るためにも下記を避けるようにしよう。

  • 就寝1~2時間前の飲食
  • 入眠直前に入浴する
  • 寝る前にテレビ、スマホの光を浴びる
  • 照明をつけたまま、明るい部屋で眠る

不規則な生活が続くと、肌をメンテナンスする周期(ターンオーバー)が乱れたり、ニキビなどの肌トラブルを招きかねない。

特に今肌荒れしている方は、まずは適度な運動と眠る環境の改善を意識してみよう。

メンズスキンケアに関するQ&A

Q1.男性が女性用のスキンケアアイテムを使ってもOK?

A1.男性が女性用のスキンケアアイテムを使っても問題ない。

詳しい解説をチェック

男性と女性のスキンケアアイテムにおいて、成分が大きく変わることはない。
女性用スキンケアアイテムを使っても、十分な効果が得ることができるだろう。

ただし男性の方が皮脂が多いので、女性用の高保湿成分が向かない場合もある。
オイリー肌のメンズは注意してほしい。

Q2.スキンケアを継続する期間は?

A2.まずは3ヶ月を目安に使い続けよう。

詳しい解説をチェック

スキンケアは表面的に肌を整えているわけではなく、皮膚の内部までケアしている。

肌の細胞が新しく生まれ変わる期間は、一般的に約28~56日(自分の年齢×1.5~2日)。
ただ加齢や個人差よって周期が伸びたりするので、最短でも3ヶ月を目安にスキンケアする必要がある。

もちろんできれば3ヶ月以上、毎日継続してスキンケアするのがベストだ。

メンズのスキンケアについて知っていただけただろうか?

  • 洗顔…皮脂やホコリ、ちりなど顔の汚れを取り除く
  • 化粧水…肌に水分を与えて保湿する
  • 保湿剤…保湿した肌を油分で保護する

スキンケアの手順には上記のように役割があり、正しい方法で実践することが必要不可欠だ。

  • 洗顔するときは”きめ細かな泡”で汚れを落とす
  • 化粧水は”たっぷり”使って、うるおいを行き届かせる
  • 保湿剤で”締めのふた”をして水分を逃がさない

スキンケアをしっかりしていれば、第一印象も格段に良くなる。
見た目が若々しくなれば、ワンランク上の男性として自信もつくはずだ。

男の肌荒れの原因とは?バリア機能を修復しよう
男の肌荒れの原因とは?ニキビ・カサつきはスキンケア・食事・睡眠で治せる!思春期にニキビで悩んだり、社会人になってから湿疹を繰り返したりと、肌荒れに悩む男性も少なくないだろう。 たしかに、男性の清潔感は"肌で...
シミ取りクリームを使ってセルフケア
男性でもシミ取りできる?シミの原因・メンズシミ消しクリームの選び方をマスターしようシミに悩んでいる男性はいませんか?女性と違って男性の方がシミができやすいんですね。なぜなら日焼け止めを塗らなかったり、シェーバーによって肌を刺激するからです。本記事では、シミができた時のセルフケア方法や重度のシミの対処方法について解説していきます。...

スポンサーリンク

ABOUT ME
馬場宏美
馬場宏美
1988年山梨生まれ。今の目標は年を取っても「素敵な歳の重ねかた」と言われること。 学生の頃から”ワイルドな男がかっこいい”と思って生きてきたが、自分のワイルドさは世間一般では”ガサツ”に分類することを知る。 「本当にワイルドな男は肌の手入れや身だしなみを怠らない」と気付き、メンズスキンケアやメンズビューティーについて猛勉強。 メンズ美容ブログ(閉鎖中)経由でスカウトされ、RegNoteライターとして活動中。