スキンケア

悩める脂性肌の男性に捧ぐ!顔・鼻のテカリ改善でオイリー肌メンズを脱却する方法

悩める脂性肌の男性に捧ぐ!顔・鼻のテカリ改善でオイリー肌メンズを脱却する方法

みなさんは肌のテカリで悩んだことはありますか?
特に20代~40代くらいまでの男性は、顔のベタつきに悩んでいる方も多いはず。

実は顔がテカるのは、皮脂が分泌しやすい「脂性肌」という肌質なんです。

そこでこの記事では、脂性肌の原因と対策について徹底解説。
スキンケアの選び方や生活習慣の改善方法まで、詳しく紹介しています。

ベタベタした肌を改善して、清潔感あるさわやかさを手に入れましょう。

【この記事でわかること】

  • Tゾーンのテカりやすい・ニキビができやすい人は脂性肌の可能性が高い
  • 脂性肌の2大原因は「皮脂の過剰分泌とターンオーバーの乱れ」
  • 脂性肌対策はスキンケアの改善が最優先!洗浄力と保湿力がカギ
  • 食生活や睡眠など生活習慣の見直すインナーケアも重要

そもそもオイリー肌(脂性肌)とは?特徴をチェック

男性は脂性肌になりやすい

そもそもオイリー肌(脂性肌)とは、皮脂が過剰に分泌している肌状態のこと。

下記に当てはまる方は、脂性肌である可能性が高いです。

  • Tゾーン(額~鼻)がテカったり、ベタつきやすい
  • ニキビや吹き出物ができやすい
  • 肌のキメが粗い
  • 毛穴の黒ずみや開きが目立つ

1年中顔がベタつきやすい…という方は、まず脂性肌を疑うべきでしょう。
Tゾーンだけでなく、頬やアゴ周りなど乾燥しやすいゾーンに油分が多いのも特徴。

いちご鼻が気になったり、頻繁にニキビや吹き出物ができやすい方も要注意です。

脂性肌とインナードライ・混合肌の違い

一方で、「インナードライ・混合肌を脂性肌と勘違いしている」というケースも少なくありません。

肌質特徴
インナードライ皮脂が分泌しているが肌の内部が乾燥している
脂性肌(オイリー肌)全体的にベタつき(特にTゾーン)を感じ、鼻付近に黒ずみや毛穴が目立つ
混合肌Tゾーン(鼻や額)がオイリー、Uゾーン(顎や頬)が乾燥している

2つの肌質は脂性肌とよく似ていますが、皮脂が出る原因や場所が異なるのが大きな違い。

インナードライで顔がテカるのは、肌の乾燥が原因。
肌内部の乾燥を防ぐために皮脂が過剰分泌されているため、肌のカサつきや突っ張り感を受けることが多いです。

また顔全体がベタつく脂性肌と違い、フェイスラインがカサつきやすいなら混合肌の可能性大。
ベタつきと・乾燥がパーツごとに分かれているのが、脂性肌との大きな違いです。

それぞれ脂性肌とはケア方法が違うので、まずはしっかり肌質を見極めてくださいね。

オイリー肌(脂性肌)の原因3つ

オイリー肌(脂性肌)の原因は、大きく3つに分けられます。

  • 男性ホルモンによる皮脂の過剰分泌
  • 間違ったスキンケアによる乾燥
  • 睡眠の質が悪い、偏食など、生活習慣によるターンオーバーの乱れ

①男性ホルモン皮脂の過剰分泌

男性ホルモンの過剰分泌による皮脂の増加

先述の通り、皮脂の過剰分泌が脂性肌の1番の原因。

そもそも男性は、女性よりも皮脂が出やすい体質。
男性ホルモンの1つである「テストステロン」は、皮脂の分泌を促す働きを持っています。

若年層のメンズに脂性肌が多いのは、10代~40代にかけてホルモンの働きが活発になるためです。

体質的に脂性肌の場合は、スキンケア・生活習慣など総合的に改善していく必要があります。

②間違ったスキンケアによる乾燥

間違ったスキンケアは乾燥を招く

間違ったスキンケアによる乾燥が原因で、後天的に脂性肌になるケースも多いです。

  • 1日に何度も洗顔をする
  • 洗顔時にゴシゴシ強く肌を擦る
  • 洗顔後に化粧水・乳液をつけない
  • 洗浄力の弱い洗顔料を使っている

上記のようなスキンケアをしている方は要注意。
肌に強い刺激を与えたり、保湿ケアを十分にしないことで、肌に乾燥を招きます。

意外に見落としがちなのが、「乳液や保湿クリームを塗らない」というパターン。
肌がベタつくからといって保湿ケアを控えると、乾燥状態を補おうと皮脂をたくさん出すようになってしまいます。

また洗浄力の弱い洗顔料を使っていると、皮脂が毛穴に詰まって角栓になることも…。
皮脂の分泌を招くだけでなく、毛穴開きの原因にもなりかねません。

毎日顔を洗っているのにベタつく・毛穴がポツポツ黒ずむという方は、スキンケアの見直しが最優先でしょう。

③生活習慣によるターンオーバーの乱れ

生活習慣の乱れはターンオーバーの乱れになる

生活習慣によるターンオーバーの乱れも脂性肌の原因の1つ。

ターンオーバーとは、肌がある一定の周期で生まれ変わる代謝のこと。
約28日(1ヶ月)ごとに皮脂や汚れと一緒に古い皮膚を垢として排出することで、美肌を保っています。

逆にターンオーバーの周期が乱れると、汚れが毛穴に詰まって皮脂の過剰分泌に繋がってしまうんですね。

ターンオーバーが乱れには、ふだんの生活習慣が大きく関わります。

  • 偏食や暴飲暴食によるビタミン不足
  • 昼夜逆転など睡眠の質が悪い
  • 人間関係や仕事などによる心身のストレス
  • 入浴しない・運動不足などによる血行不良 など

まずはふだんの生活を見直しながら、しっかりスキンケアしていくことが大切です。

脂性肌改善はスキンケアの見直しが最優先!

オイリー肌(脂性肌)の改善するには、まずはスキンケアの見直しが最優先です。

ここからは選ぶべき成分やアイテムと一緒に、脂性肌のスキンケアについて説していきます。

  • 洗顔:泡立ちがよく、洗浄力の高い洗顔料で洗う
  • 保湿ケア:高保湿成分配合の化粧水・保湿クリームでケア

【洗顔】泡立ちの良い洗浄力の高い洗顔料を使う

洗顔料の強いものを使う

まずは、洗浄力が高い洗顔料で顔を洗うのを心がけましょう。

皮脂をしっかり取り除ける、石けん・カリ石けん系の成分がベストです。

  • ラウリン酸
  • ミリスチン酸
  • ステアリン酸
  • 水酸化Na
  • 水酸化K など

パッケージを確認して、上記のような原料名が先頭に記載されているものを選んでみてください。

さらに毛穴に溜まりやすい皮脂もしっかり浮かせてくれるので、泡立ちの良さも重要。
キメ細かく泡立つ洗顔料は、水洗いでは取れないようなホコリや油をしっかり取ってくれます。

 

また、1日に何度も洗顔しないことが大前提。
洗顔は朝夜の2回、しっかり泡立てた洗顔料で丁寧に洗いましょう。

「ゴシゴシ強い力で擦る」「シャワーの水圧を直接顔に当てる」といった、強い刺激になる行動も避けてください。

日中の脂っぽさが気になるなら、ティッシュで抑えたり、ベビーパウダーを軽くはたいたりするのがオススメですよ。

【保湿ケア】化粧水・保湿クリームは高保湿成分を選ぶ

保湿成分配合の保湿ケアをする

洗顔後は、化粧水や乳液、クリームなどでしっかり保湿ケアするのも大切です。

保湿アイテムを選ぶときは、高保湿成分配合のものがベスト。

  • ヒアルロン酸
    肌表面に保護膜を作って、皮膚の水分蒸発を防ぐ
  • コラーゲン
    肌の角質層に水分を与えて、皮膚をやわらかくしたり、ハリ・弾力を与える
    後に使うアイテムの浸透率を上げる効果もアリ
  • セラミド
    皮膚細胞のスキマを埋めて水分蒸発を予防、外部刺激から守る
    セラミドNS・セラミドNP・セラミドEOP・セラミドAP配合がベター
  • プラセンタ
    コラーゲン・ヒアルロン酸など、肌を構成する成分を生成する細胞を増やす
    肌の保水・保湿機能のサポート役

アブラっぽいから…と保湿ケアを避けると、かえって脂性肌が悪化するので要注意。
ベタつくのが嫌な方は、さっぱりとした塗り心地のテクスチャーが軽いアイテムを選ぶのがオススメですよ。

さらに保湿ケアを徹底することで、外的刺激から肌を守る効果も期待できます。
紫外線やホコリから肌を守ることで、皮脂の分泌量をコントロールできるようになりますよ。

乾燥しやすい冬場だけでなく、1年中保湿を徹底するのを心がけましょう。

生活習慣の改善によるオイリー肌(脂性肌)対策3つ

脂性肌(オイリー肌)を改善するには、スキンケアだけでなく生活習慣の改善も大切。

ふだんの生活を振り返りながら、できる対策から取り入れてみてください。

  • 肉中心の食事を避け、ビタミンやミネラルをしっかり摂取する
  • しっかりと夜間に睡眠を取り、ターンオーバーを整える
  • 冷暖房の効いた屋内では加湿器や濡れタオルを使って保湿する

①肉料理を中心に偏った食生活をしない

肉料理には注意する

食生活では、肉料理を中心にした偏った食事ばかりしないことが脂性肌改善には重要。

実は皮脂分泌を促す男性ホルモンは、タンパク質を中心に構成されています。
つまり、タンパク質の多い肉料理や脂っこい食事ばかり取ってしまうと、脂性肌が悪化してしまうんですね。

とはいえ、一切肉料理を摂らないのもバランスの悪い食事になるのでNG。
脂質の少ないもも肉やヒレ肉を選んだり、蒸し料理や茹で料理にしたり、脂質を減らしながら肉類も摂取するのがベターです。

 

またビタミン・ミネラルを中心に、バランス良く栄養が取れる食品を摂取するのも大切です。

魚・卵

いわゆるメイン食材で、タンパク質・ビタミン・ミネラルがバランスよく含まれています。
魚ならうなぎ・塩サバ・カツオ・アジ・サンマなど、ビタミンBを多く含むものがオススメです。

肌の新陳代謝を促すこと、肌が酸化しないようにさせる効果が期待できます。

海藻類

海藻類に含まれるミネラルは体内の生活リズムを改善し、肌のターンオーバーの周期を整えます。

さらに肌のくすみを改善して、顔全体のトーンアップにも役立ちますよ。

ワカメが代表的ですが、調理方法は「酢の物」がオススメ。
味噌汁で食べるのがスタンダードですが、塩分が多くなりがちで食べ過ぎると生活習慣病を招くことも…。

お酢が苦手なら焼海苔や味付け海苔など、食事の備え付けに海藻を取り入れるのもいいでしょう。

肌質改善だけでなく、健康状態を維持できる食べ方を工夫することも大切ですよ。

野菜・キノコ類

野菜やキノコ類には、ビタミンA・ビタミンB・ ビタミンEが多く含まれています。
果物でビタミンを取るのもOKですよ。

にんにく・トウガラシなど、調味料に使われる野菜で摂取するのも手軽でしょう。

ビタミン類は皮脂の分泌機能を調整し、肌の調子を整える必須成分。

新陳代謝を向上するには、火を通して摂取することもオススメです。

シワやたるみの改善と言ったエイジングケアにも繋がりますよ。

大豆製品

大豆製品には、タンパク質・ビタミンB1・ビタミンE・鉄分・亜鉛などがバランスよく含まれており、ビタミン不足を解消してくれます。

中でもイソフラボンという成分によって、皮脂の過剰分泌を抑える効果が期待できますよ。
また抗酸化作用があり、エイジングケアにも最適です。

豆腐や納豆で摂取するのが、1番手軽でしょう。

発酵食品

発酵食品は善玉を増やして腸内環境を整え、ターンオーバーを正常に保ってくれます。

体内機能を若々しく保つエイジング効果も期待できるので、加齢とともに減少するヒアルロン酸の生成を助けて、乾燥による皮脂分泌を予防にも最適。

キムチ、ヨーグルト、チーズなどで効率よく摂取できますよ。

偏食や暴飲暴食を避けて、しっかり栄養を取ることが脂性肌の改善につながりますよ。

②しっかり睡眠をとる

睡眠不足はターンオーバーが乱れやすい

しっかりと睡眠を取ることも、脂性肌(オイリー肌)の改善に繋がります。

脂性肌を改善するには、入眠直後の3時間をぐっすり眠ることが大切です。
良質な睡眠を取るために、下記を意識してみましょう。

  • 入眠前は体をあたためて自律神経を整える
    (ホットドリンクを飲む、ぬるま湯で入浴する、ストレッチするなど)
  • 遮光カーテンなどを使って部屋を真っ暗に近い状態にする
  • 就寝直前にPCやスマホを見ない
  • 部屋の温度を夏25~26度、冬15~18度に保つ

また、眠る時間帯は夜がベスト。

実は肌のターンオーバーが活発になるのは、夜の睡眠中です。
寝ている間に分泌される成長ホルモンによって、昼間に受けたダメージの修復や古い皮膚の排出をしています。

逆に睡眠不足になると、成長ホルモンの代わりにストレスホルモンが増加
皮脂の過剰分泌して脂性肌を招くだけでなく、ニキビなどの肌トラブルを起こしかねません。

脂性肌を改善したいなら、夜にしっかり眠るのを心がけてみてくださいね。

③冷暖房の効いた部屋はしっかり加湿する

部屋の空気が乾燥しないように注意

脂性肌の改善には、部屋を加湿して肌を乾燥させないことも大切。

夏の暑い時期はクーラー、冬の寒い時期なら暖房を長時間つけがち。
窓を締め切っていると次第に乾燥していき、肌から水分を奪い取ってしまいます。

この状態を避けるためにも、冷暖房をつける時は加湿器も使うようにしましょう。

ただ職場など、長時間乾燥した部屋に滞在することが避けられない方も多いはず。

  • 近くに濡らしたタオルを置く
  • 水を入れたコップにコーヒーフィルターを差して簡易加湿器を作る
  • 観葉植物を置く

など加湿器の代用品で、できるだけ自分の周りの空気を乾燥させないように工夫してみてください。

オイリー男子(脂性肌)に関するQ&A

Q1.値段が高いアイテムの方が効果は出やすい?

A.値段が高いスキンケアアイテムの方が効果が出やすいとは限りません。肌質に合わせて選びましょう。

詳細をチェック!

値段が高いからといって、必ずしも自分の肌質に成分が配合されているワケではありません。

肌の悩みは人それぞれ。
根本的な原因を改善するには、肌質に合った化粧品を選ぶのが大前提です。
(脂性肌なら、毛穴を引き締めるビタミンC配合の化粧品を選ぶなど)

たしかに高価なアイテムはコストの高い美容成分・原料を使っているなど、品質面で優れているという側面はあります。

自分に合った成分を調べた上で値段の高さで配合成分を比較すると、より実感力の高いアイテムを選べるでしょう。

まずは値段の高さではなく、根本的な肌の原因を把握することが、肌質改善のカギですよ。

Q2.脂性肌が肌荒れを隠すにはどうしたらいい?

A.メイク時に皮脂崩れを起こさないように工夫するのが重要です。

詳細をチェック!

脂性肌の方でも、メンズメイクで肌荒れを一時的に隠すことができます。

肌荒れを隠したいなら、メンズ用BBクリームがオススメ。
女性用と比べて皮脂でメイクが崩れにくい設計になっています。

とはいえただBBクリームを塗るだけでは、夏場の汗をかく時期や体質によっては崩れかねません。

メイク時に化粧崩れを防止する工夫を取り入れることが大切です。

▼あぶらとり紙の使用

あぶらとり紙は化粧後、時間が経って皮脂が浮き出たときに使用するアイテム。

浮き出始めた皮脂に対し、あぶらとり紙を使用することでメイクした状態をできるだけ崩すことなく拭き取ることができます。

「化粧崩れはしていないけど、テカりが気になる…」という時に役立ちますよ。

 

▼プレストパウダーを薄く重ねる

プレストパウダーとは、リキッド状(液体)またはクリームファンデーションなどの後に使用するパウダーのこと。

プレストパウダーには、化粧のもちを良くする効果があります。
Tゾーンなどの皮脂が気になる箇所のみにポイント使いできるのもメリットです。

ただプレストパウダーは、濃く塗ってしまうとムラができやすいので要注意。
BBクリームを塗った後に、軽く乗せる程度の使用に留めましょう。

 

▼ミストタイプの化粧水を持ち歩いて、定期的に化粧直しする

脂性肌の方は、ミストタイプ(トナータイプ)の化粧水を持ち歩いて定期的に化粧直しするのをオススメします。

あぶらとり紙やティッシュでテカっている部分を軽く押さえた後、ミストの化粧水をシュッと顔にかけてなじませるだけでOK。

Q3.市販のアイテムと皮膚科に行くのはどちらが良いのか?

A.軽度の脂性肌でできるだけコストを下げたいなら市販品を使用、手っ取り早く根本から改善したいなら専門医に相談するのがベターでしょう。

詳細をチェック!

季節性の体質や軽度の脂性肌であれば、市販品でも十分にケアできます。

なにより、市販品はコストが安く済むのがメリット。
店舗に行って気軽に色々試せたり、オンライン上で購入が安価に自分が使いたいアイテムを購入したりできるのがうれしいですね。
ただし、継続してこつこつケアしていく必要があるので、長期的な改善になります。

一方で、皮膚科にいけば専門のスタッフがあなたを診断してくれるので、的確に施術してくれます。
診察費や薬代などコストはやや高くなりますが、即効性を求める方にはオススメです。

ハードルが高い…と感じる方は、「まずは自分に合いそうなスキンケアアイテムを使ってみる→改善されなければ皮膚科医に相談する」という順番でもOKですよ。

Q4.オイリー肌を改善すると毛穴の開きは小さくなる?

A.オイリー肌(脂性肌)を改善すると、毛穴はが小さくなる可能性が高いです。

詳細をチェック!

脂性肌の方は、毛穴開きに悩んでいる方も多いでしょう。
皮脂の過剰分泌による毛穴開きを改善すると、肌をなめらかにすることもできますよ。

まずは皮脂を抑えるアイテムを使ってケアするのを優先して対処しましょう。

毛穴の開きを改善するポイントは以下のとおりです。

▼ビタミンC誘導体配合のアイテムを選ぶ

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの美容効果を倍増させた成分のこと。
毛穴を引き締めて、皮脂バランスを整えてくれる働きがあります。

 

▼収れん化粧水を使う

収れん化粧水とは、肌を引き締めることに特化した化粧水のこと。

タンパク質を変性させることにより組織や血管を縮める効果があります。
皮膚表面だけでなく、毛穴も引き締めてくれるので、広がった毛穴を小さくしてくれます。

収れん化粧水を選ぶときは、タンパク質を収縮・凝固する成分配合のものを選ぶといいでしょう。

  • ローズマリー葉エキス
  • セイヨウハッカ葉エキス
  • セイヨウニワトコ花エキス
  • サンザシエキス
  • トマトエキス
  • ノバラエキス
  • ユーカリエキス
  • クエン酸
  • 乳酸 など

アルコール配合のものは冷たくて清涼感があるので、夏場でも使いやすいですよ。
ただし肌への刺激がやや強いので、敏感肌や肌荒れ中の方は控えるべきでしょう。

 

▼冷やしたシートマスクでケアする

毛穴を開きを抑えるためには、冷やしたシートマスクの活用もオススメ。

洗顔料でその日1日分の皮脂や汚れを洗い落とした後に、シートマスクを使ってみましょう。
ケアの順序は、「洗顔→化粧水→シートマスク→保湿ケア」です。

またシートマスクの種類によっては、毛穴を引き締めてくれる働きがあるマスクもあります。
色々試してみて、自分のお気に入りを探すのも楽しいですよ。

1年中顔がベタついたり、テカったりとやっかいな脂性肌。

特に男性は、ホルモンの影響でもともと皮脂が出やすい体質。
そこに肌の乾燥ターンオーバーの乱れが合わさって、アブラっぽさが悪化しかねません。

脂性肌を改善するにはスキンケア・生活習慣を見直して、コツコツと毎日ケアしていくのが大切です。

【スキンケア】

  • 皮脂をしっかり取り除ける泡立ちのいい洗顔料で洗う
  • ヒアルロン酸やコラーゲンなど高保湿成分配合の化粧水・保湿クリームを使う

【生活習慣】

  • 食事は肉だけでなく、野菜やきのこ類、海藻などビタミン・ミネラルを摂取する
  • 就寝環境を整えて、入眠直後の3時間をぐっすり眠る
  • 冷暖房の効いた乾燥する屋内は必ず加湿する

特に顔のベタつきが気になって、間違ったスキンケアをしてしまうのはよくあるパターン。
1日何度も洗顔したり、乳液を使わなかったりするのは、逆に脂性肌を悪化させないので避けてくださいね。

またインナードライや混合肌とも間違えやすいので、まずはしっかり見極めるのも大切です。

自分にあったアイテムを使いながら生活リズムを整えていけば、肌質のコンプレックスも解消できるはずですよ。

スポンサーリンク